參考匯率

若商品屬於違禁品或禁止販售至海外的商品均有可能無法通關。
我們將取消此類商品的訂單。敬請見諒。

インドの神様 ガネーシャの置物 ガネーシャ 置物 ガネーシャ像 夢を叶える象 金運アップ 開運 商売繁盛 現世利益 I18072 高さ15.5cm

インドの神様 ガネーシャの置物 ガネーシャ 置物 ガネーシャ像 夢を叶える象 金運アップ 開運 商売繁盛 現世利益 I18072 高さ15.5cm
¥1,650
ガネーシャ どんな願いも現世で叶えてくれる最強ランクの神様!
販賣期間:
2019-05-14T17:59:00+09:00 ~
描述

細節

【商品材質】
本体:レジン

【サイズ】
W10×D9×H15.5cm

【重さ】
約420g
※個体によって多少のばらつきがございます。

◆ギフトラッピングは無料で承っております。お気軽にご用命ください◆

※写真とは、お使いのデバイス機器により、色合い等のイメージが異なって表示される場合がございます。また、素人採寸のため、サイズも多少の差がございます。あわせてご了承くださいますよう、お願いいたします。
※小さな傷やゆがみ等がある場合もございますが、買い付け時からあるもので、あまり手を加えず、そのままの風合いを大事にしています。アジア雑貨の特徴としてご理解いただければと思います。


お守り 金運祈願 プレゼント ギフト 贈り物 厄除け 神様 ガネーシャ神 学業向上 インドの神様 ヒンドゥー教の神様 象の神様 ガナパティ 歓喜天 聖天 インテリア 瞑想 癒し オブジェ スピリチュアル 引き寄せ 幸運 ヒーリング 恋愛成就 成績アップ 成功 財運アップ 夢を叶えるゾウ 合格祈願 招福 目標達成 障害除去











■ガネーシャ誕生
母であるパールヴァティーが身体を洗っていたときに、自らの垢を集めて作った人形に命を吹き込んでつくられたのがガネーシャの誕生です。

■どうして身体は人間で、頭は象?
ある日、パールヴァティーの命令で、彼女の入浴中に浴室の見張りをしていたところに、シヴァ(父)が帰宅。
お互いを知らなかった二人は、ガネーシャがシヴァの入室を拒んだため、シヴァが激昂しガネーシャの首を切り落として遠くへ投げ捨ててしまいました。
それを知ったパールヴァティーはガネーシャが息子であることを伝え、シヴァは切り落としたガネーシャの首を探しに出ましたが、見つけることができず、そこで旅の最初に出会った象の首を切り落としてガネーシャの頭として取り付けて復活させました。

■牙が片方折れているのは?
無事復活したガネーシャは、学問・知性の神様として、ヒンドゥー教の聖典のひとつであり、インド神話を構成する重要な文献の一つである「マハーバーラタ」の著者ヴィヤーサのもとに遣わされました。
文字を書くことができなかったヴィヤーサの教えを、自らの牙を折り、その牙で口述筆記を行いました。
※ちなみにこの「マハーバーラタ」はサンスクリット語で書かれ、全18巻の長さになる。これはキリスト教の聖書の4倍の長さに相当します。

■ネズミがいるのはどういう意味?
ガネーシャの足元にはネズミがおりますが、一般的にこのネズミは「ガネーシャの乗り物」と言われております。
小さく落ち着かないネズミは「人間の心」を象徴し、一番大きく穏やかな象は「英知」を意味します。
これは、ガネーシャを見て熟考することで、すべての否定的な考え(無知や妄想、嫉妬、エゴイズムなどの障害)から守られ、心と身体を安定させることにより、幸福が導かれるということを意味します。
また、象がネズミに乗るというような現実的にありえないことでも「不可能なことを可能にする」ということを象徴しているともいわれています。

■ガネーシャの持ち物の特徴 ※諸説あり
・斧…障害物をなくすために使われる。執着を断ち切る道具。
・開いた手のひら…神からの恩恵
・お菓子…自分自身を理解すること、人生を楽しむこと
・ロープ…最高の目標へと引き寄せる
・本…「マハーバーラタ」
・大きなおなか…この世界におこるすべての良いこと悪いことを吸収する
・足の位置…片方の足が地面についていて、もう片方の足は天国に向いている。物質的な世界と精神的な世界の両方の重要性を示す

「除災厄除」「財運向上」「学業成就」など、開運の神様として、インドで絶大な人気と信仰を集めるガネーシャ神。
近年、幸運を呼び寄せる神様として、日本にも広く親しまれています。


◆□◆□あなたにあうガネーシャがきっと見つかる◆□◆□
※画像をクリックすると商品ページをご覧いただけます。






































◇◆◇ジャンル別商品◇◆◇


其他資訊

其他資訊

商品編號 sanwapotitto_i18072
店鋪名稱 三和ポチット
topicon_scroll